コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺胞性嚢胞 はいほうせいのうほう

家庭医学館の解説

はいほうせいのうほう【肺胞性嚢胞】

 肺胞の組織がもとになってできた袋状の異常な空間が肺に現われる病気です。
 発生原因がはっきりしないことが多く、ブラ、ブレブ、進行性気腫性嚢胞(しんこうせいきしゅせいのうほう)に分類されています。
 ブラ 肺胞の組織内にできた異常な空間で、胸膜(きょうまく)の下や肺尖部(はいせんぶ)(肺の末端の狭まったところ)によくできます。気腫性嚢胞(きしゅせいのうほう)という名も、しばしば同じ病気を意味することばとして使われます。
 ブレブ 胸膜と肺胞の間にできる嚢胞です。
 進行性気腫性嚢胞 肺尖部から小さな嚢胞がしだいに拡大し、正常な肺を圧迫して、縮小させていくものです。
 肺のX線写真では、あたかも、正常な肺の部分が消えていくようにみえるところから「消えていく肺(vanishing lung)」とも呼ばれます。
 肺胞性嚢胞があっても無症状であることが多く、健康診断などで偶然に発見されることが少なくありません。
 治療が必要なのは、嚢胞が大きくなって呼吸機能に大きな影響が出た場合、自然気胸(しぜんききょう)(「自然気胸」)をくり返す場合、細菌の感染をくり返す場合、などです。
 以上のような場合は、嚢胞を手術によって切除します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

肺胞性嚢胞の関連キーワード嚢胞性肺疾患

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android