肺尖(読み)ハイセン

大辞林 第三版の解説

はいせん【肺尖】

肺臓の上部。肺が肩の方へのびている先端。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐せん【肺尖】

〘名〙
肺臓の上部の端部。鈍円形で鎖(さ)骨上方二~三センチメートルに突出する。
※檸檬(1925)〈梶井基次郎〉「私は尖を悪くしてゐて」
※時事新報‐明治三九年(1906)八月四日「去月より肺尖を併発し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android