胃の蠕動運動をつかさどる筋肉

  • 運動器の--One Point Column

からだと病気のしくみ図鑑の解説

平滑筋でできた3層構造の筋層は、を伸び縮み可能な臓器に仕立てていると同時に、いわゆる胃の蠕動運動を生み出しています。
胃の蠕動運動とは、3層の筋肉、横、斜めに収縮弛緩を繰り返すことによって生じるうねりがのように伝わっていく運動のことです。
この蠕動運動により、食道から送られた食べ物噴門から幽門まで運ばれ、その間に食べ物と胃液が混ぜ合わされて粥状になります。

出典 法研「からだと病気のしくみ図鑑」からだと病気のしくみ図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android