コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃損傷 いそんしょう Stomach Laceration

1件 の用語解説(胃損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いそんしょう【胃損傷 Stomach Laceration】

[検査と診断]
 腹部X線撮影、CT、超音波検査エコー)を行なうと、胃からもれた空気の像(フリー・エア、遊離ガス像)が写ることから診断できることが多いものです。胃に内容物がたまっているときのほうが、空(から)のときよりおこりやすいものです。
[治療]
 受けた損傷の状態によって治療法が異なります。
 単純な損傷の場合は開腹し、傷の部分を縫合(ほうごう)します。胃管により、内容物を持続的に排出させる保存的療法もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胃損傷の関連キーワードCTスキャン断層撮影画像診断新弟子検査身体検査放射線技師内臓脂肪型肥満間接撮影法マンモグラフィ検査CT検査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone