コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆管拡張 たんかんかくちょう cholangiectasis

1件 の用語解説(胆管拡張の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんかんかくちょう【胆管拡張 cholangiectasis】

胆管は,肝臓と胆囊,十二指腸を結ぶ胆汁排出路であり,肝内胆管,総胆管,胆囊管などからなる。その太さは,正常成人では径8mm以下である。しかし,胆道系の完全または不完全な閉塞や,胆囊,ファーター乳頭機能障害により,胆汁分泌が障害されると,内圧が上昇し,胆管が拡張し,極端な場合には,径20mm以上に及ぶ。この状態を胆管拡張という。したがって,胆道造影によりその拡張をみつけた場合は,胆道,膵臓の病気を診断する重要な所見となり,胆管結石,胆管癌,膵頭部癌慢性膵炎,ファーター乳頭炎・癌,胆囊機能不全などの病気が疑われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胆管拡張の関連キーワード十二指腸潰瘍十二指腸虫胆管胆汁酸胆嚢胆嚢管胃-十二指腸潰瘍十二指腸炎十二指腸カタル十二指腸腺