コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆管拡張 たんかんかくちょうcholangiectasis

世界大百科事典 第2版の解説

たんかんかくちょう【胆管拡張 cholangiectasis】

胆管は,肝臓と胆囊,十二指腸を結ぶ胆汁排出路であり,肝内胆管,総胆管,胆囊管などからなる。その太さは,正常成人では径8mm以下である。しかし,胆道系の完全または不完全な閉塞や,胆囊,ファーター乳頭の機能障害により,胆汁分泌が障害されると,内圧が上昇し,胆管が拡張し,極端な場合には,径20mm以上に及ぶ。この状態を胆管拡張という。したがって,胆道造影によりその拡張をみつけた場合は,胆道,膵臓の病気を診断する重要な所見となり,胆管結石,胆管癌,膵頭部癌,慢性膵炎,ファーター乳頭炎・癌,胆囊機能不全などの病気が疑われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

胆管拡張の関連キーワード難治性肝疾患総胆管拡張症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android