胆管細胞がん(肝内胆管がん)(読み)たんかんさいぼうがんかんないたんかんがん(英語表記)Cholangiocellular Carcinoma(CCC)

  • 肝内胆管がん
  • 胆管細胞がん

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 肝内胆管肝臓の中に存在する胆管)の細胞由来のがんで、頻度は、原発性肝(げんぱつせいかん)がんの5%前後にすぎません。
 発症は、60歳以上の人が多く、2対1で男性が多くなっています。
[症状]
 初期には無症状で、進行すると上腹部痛、黄疸(おうだん)、全身のだるさ、食欲不振、体重減少、発熱などが現われます。
 慢性肝炎(まんせいかんえん)や肝硬変(かんこうへん)をともなうことが少ないため発見が遅れ、発見されたときには、進行がんになっていることが多いものです。
[治療]
 がんのできている部分を切除する肝切除が、治癒(ちゆ)の望める唯一の治療法です。
 進行がんで手術ができないときは、その人のQOL(生命・生活の質)を考慮した緩和治療を行ないます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android