コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背中合(わ)せ セナカアワセ

デジタル大辞泉の解説

せなか‐あわせ〔‐あはせ〕【背中合(わ)せ】

二人が互いに背中を合わせるように後ろ向きになること。また、家などが反対向きに接すること。「背中合わせに建つ家」
物事が裏表の関係にあること。「死と背中合わせの単独登頂」
互いに仲の悪い関係にあること。「背中合わせの気まずい仲」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

背中合(わ)せの関連キーワードベニマンサク(紅満作)ヘラシダ(箆羊歯)アショーカ王石柱マルバノキ回り舞台バルドーダマルカール細胞膜茶壺縁切

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android