コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏腹 ウラハラ

デジタル大辞泉の解説

うら‐はら【裏腹】

[名・形動]
背と腹。また、裏と表。
背中合わせ。隣り合わせの関係であること。「死と裏腹の危険な仕事」
相反していること。また、そのさま。逆さま。反対。あべこべ。「気持ちと裏腹な言葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらはら【裏腹】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔背と腹、裏と表、の意〕
正反対な・こと(さま)。あべこべ。 「言うこととやることが-だ」
背中合わせ。となり合わせ。 「死と-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

裏腹の関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第16番 変ロ長調/piano soloフォード(John Ford(1586ころ―1640ころ))アウシュビッツ強制収容所独立労働党[イギリス]ブデンブローク家の人々高学歴ワーキングプアエドナ オブライエン第6回汎アフリカ会議サントセシル大聖堂プス・キャタピラー自己愛性人格障害フロンティア精神ジョン チーバー教育委員会制度スプロール現象近隣窮乏化政策腸が見え透く孤独なる群衆ベッコウバエインド人民党

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏腹の関連情報