コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背斜谷 ハイシャコク

大辞林 第三版の解説

はいしゃこく【背斜谷】

背斜の部分に沿って生じた谷。背斜部には張力が働くため割れ目ができやすく、そこが浸食されて谷になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の背斜谷の言及

【谷】より

…日本では断層谷が多く,断層線谷の例は少ない。褶曲の向斜軸に沿って発達する谷を向斜谷,背斜軸に沿うものを背斜谷という。向斜部が谷をなすときには背斜部が山稜をなすので褶曲構造に順応した平行する山脈と縦谷の列を生ずる。…

※「背斜谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

背斜谷の関連キーワード地層地形山脈

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android