コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦谷 じゅうこくlongitudinal valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縦谷
じゅうこく
longitudinal valley

山脈に沿ってほぼ平行に走る褶曲などによって何列かの平行した山脈高地ができると,その間の細長い凹地に沿って川が流れる。たとえばメコン川,タンルウィン川上流部や日本の北上川吉野川阿武隈川など。横谷対語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐こく【縦谷】

褶曲(しゅうきょく)山脈の走向と平行する谷。浸食に弱い地層の部分が浸食されて谷となったもの。⇔横谷(おうこく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうこく【縦谷】

山脈の延長方向に平行する谷。 ↔ 横谷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縦谷
じゅうこく

山脈や丘陵の延長方向に平行する河谷で、横谷(おうこく)に対する語。山脈を構成する地層の走行、岩石境界、断層や褶曲(しゅうきょく)軸の方向とほぼ平行して発達した谷を含み、地溝のような構造的成因によるものと、断層線谷や傾斜する硬軟互層に選択侵食が働いて生ずる適従谷のようなものとがある。日本では和歌山県の紀ノ川と奈良県の吉野川、東北地方の北上川と阿武隈(あぶくま)川の谷などが縦谷の代表例であり、外国では中国の金沙江(きんさこう)、チベットのメコン川とサルウィン川が有名。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の縦谷の言及

【横谷】より

…山脈を直角に横切る谷のことで,山脈の延長方向と平行する縦谷longitudinal valleyに対する語(図)。もとは,地層の走向に直角に交わる谷を意味した。…

【谷】より

…谷壁斜面が垂直に近く,谷の幅の狭いものを峡谷という。山脈や地層の走向と平行に延びる谷を縦谷といい,山脈を横切る谷を横谷という。ヒマラヤ山脈とトランス・ヒマラヤ山脈の間を流れるブラフマプトラ川,インダス川の上流部は縦谷を成すが,両川ともヒマラヤ山脈を横切って流れ,横谷となる部分がある。…

※「縦谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縦谷の関連キーワードハイペイ(海北)チベット(蔵)族自治州メンユワン(門源)ホイ(回)族自治県コルディエラ・オクシデンタル山脈コルディエラ・オリエンタル山脈コルディエラ・セントラル山脈チンシャー(金沙)江シューロー(疏勒)河マルカム(芒康)県ムータン(牡丹)江ザルツブルク[州]アパラチア[山脈]カンゼ(甘孜)県シェナンドーア谷ポトマック[川]イゼール[川]クーティネー川カラシャハル川キルギス山脈ローヌ[川]マラニョン川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android