コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縦谷 じゅうこく longitudinal valley

4件 の用語解説(縦谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縦谷
じゅうこく
longitudinal valley

山脈に沿ってほぼ平行に走る谷。褶曲などによって何列かの平行した山脈,高地ができると,その間の細長い凹地に沿って川が流れる。たとえばメコン川サルウィン川上流部や日本の北上川吉野川阿武隈川など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐こく【縦谷】

褶曲(しゅうきょく)山脈の走向と平行する谷。浸食に弱い地層の部分が浸食されて谷となったもの。⇔横谷(おうこく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうこく【縦谷】

山脈の延長方向に平行する谷。 ↔ 横谷

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縦谷
じゅうこく

山脈や丘陵の延長方向に平行する河谷で、横谷(おうこく)に対する語。山脈を構成する地層の走行、岩石境界、断層や褶曲(しゅうきょく)軸の方向とほぼ平行して発達した谷を含み、地溝のような構造的成因によるものと、断層線谷や傾斜する硬軟互層に選択侵食が働いて生ずる適従谷のようなものとがある。日本では和歌山県の紀ノ川と奈良県の吉野川、東北地方の北上川と阿武隈(あぶくま)川の谷などが縦谷の代表例であり、外国では中国の金沙江(きんさこう)、チベットのメコン川とサルウィン川が有名。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の縦谷の言及

【横谷】より

…山脈を直角に横切る谷のことで,山脈の延長方向と平行する縦谷longitudinal valleyに対する語(図)。もとは,地層の走向に直角に交わる谷を意味した。…

【谷】より

…谷壁斜面が垂直に近く,谷の幅の狭いものを峡谷という。山脈や地層の走向と平行に延びる谷を縦谷といい,山脈を横切る谷を横谷という。ヒマラヤ山脈とトランス・ヒマラヤ山脈の間を流れるブラフマプトラ川,インダス川の上流部は縦谷を成すが,両川ともヒマラヤ山脈を横切って流れ,横谷となる部分がある。…

※「縦谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

縦谷の関連キーワードアルタイカイラス山シエラマドレ山脈コーカサス山脈マルチ山脈オランニエ山脈アムネマチン[山]ジュラ[山脈]積石山ポントス[山脈]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縦谷の関連情報