コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背白浮塵子 セジロウンカ

デジタル大辞泉の解説

せじろ‐うんか【背白浮子】

ウンカ科の昆虫。体は4ミリほどで、淡黄色で黒斑があり、翅(はね)は半透明。夏季に発生し、夏ウンカとよばれ、稲の大害虫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せじろうんか【背白浮塵子】

カメムシ目ウンカ科の昆虫。体長ははねの先端までが2.5~4.5ミリメートルほど。体は普通、淡黄色で黒斑がある。稲作の大害虫。全世界の熱帯地方に広く分布し、日本全土に見られる。 → うんか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

背白浮塵子 (セジロウンカ)

学名:Sogata furcifera
動物。ウンカ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報