背白浮塵子(読み)セジロウンカ

大辞林 第三版の解説

せじろうんか【背白浮塵子】

カメムシ目ウンカ科の昆虫。体長ははねの先端までが2.5~4.5ミリメートルほど。体は普通、淡黄色で黒斑がある。稲作の大害虫。全世界の熱帯地方に広く分布し、日本全土に見られる。 → うんか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

背白浮塵子 (セジロウンカ)

学名:Sogata furcifera
動物。ウンカ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せじろ‐うんか【背白浮塵子】

〘名〙 カメムシ(半翅)目ウンカ科の昆虫。体長約四ミリメートル。背面は黒く、胸部背面に一本の太い黄白色のすじがある。はねは半透明。成虫は七、八月ごろ水田に発生し、幼・成虫ともに稲の汁液を吸う。ナツウンカとも呼ばれ、アキウンカ(トビイロウンカ)とともに稲の大害虫として有名。日本各地のほかアジアに広く分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android