コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背赤後家蜘蛛 セアカゴケグモ

デジタル大辞泉の解説

せあか‐ごけぐも【背赤後家蜘蛛】

ヒメグモ科のクモ。雄は体長約3ミリで暗褐色。雌は体長約10ミリ、黒色または暗褐色で背面に赤色の模様がある。雌は強い毒をもつが、性質はおとなしい。オーストラリア原産で熱帯地方に分布。
[補説]日本では沖縄以外に生息しないとされていたが、平成7年(1995)に大阪で発見。以降、本州・四国・九州地方でも確認された。特定外来生物に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せあかごけぐも【背赤後家蜘蛛】

オーストラリア原産と考えられるゴケグモの一種。体色は黒で、背中に特徴的な赤い帯がある。ラトロトキシンという神経毒を有する。近年日本でも発見された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

背赤後家蜘蛛の関連キーワードゴケグモ補説

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android