コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児外科 たいじげかfetal surgery

知恵蔵の解説

胎児外科

出生前に胎児診断を行い、異常があれば外科的治療を行うこと。診断の多くには、超音波画像診断法が使われる。出生後の治療では障害が大きくなる、と判断される場合に適用となる。対象となる疾患は、横隔膜ヘルニア水頭症、二分脊椎(脊髄の発生の異常で、脊椎骨が背側で左右2つに分離し、脊髄組織が脱出する病気)などである。胎児手術については、将来の有効な治療の1つとなるものと考えられるが、解決されるべき多くの技術的、倫理的課題が残されている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android