コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児性致死傷 たいじせいちししょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児性致死傷
たいじせいちししょう

母体内の胎児に対し薬物などにより侵害を加え,自然の分娩期に障害を負った子を出生させ,さらにその障害により死亡させる場合をいう。熊本水俣病事件においては過失により胎児性致死傷を生じさせる行為が刑法上の業務上過失致死傷罪 (211条) を構成するかどうかが問題となり,最高裁はこれを肯定した (1988年2月 29日決定) 。もっとも学説上は,堕胎罪との均衡などを理由として否定説が多数である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android