コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児性致死傷 たいじせいちししょう

1件 の用語解説(胎児性致死傷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児性致死傷
たいじせいちししょう

母体内の胎児に対し薬物などにより侵害を加え,自然の分娩期に障害を負った子を出生させ,さらにその障害により死亡させる場合をいう。熊本水俣病事件においては過失により胎児性致死傷を生じさせる行為が刑法上の業務上過失致死傷罪 (211条) を構成するかどうかが問題となり,最高裁はこれを肯定した (1988年2月 29日決定) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎児性致死傷の関連キーワードMFICU胎位薬物動態学侵害産科瘻孔双胎間輸血症候群パジョーの法則ハーゼの法則胎児性水俣病代謝(薬物) (metabolism)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone