コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児性致死傷 たいじせいちししょう

1件 の用語解説(胎児性致死傷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎児性致死傷
たいじせいちししょう

母体内の胎児に対し薬物などにより侵害を加え,自然の分娩期に障害を負った子を出生させ,さらにその障害により死亡させる場合をいう。熊本水俣病事件においては過失により胎児性致死傷を生じさせる行為が刑法上の業務上過失致死傷罪 (211条) を構成するかどうかが問題となり,最高裁はこれを肯定した (1988年2月 29日決定) 。もっとも学説上は,堕胎罪との均衡などを理由として否定説が多数である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone