業務上過失致死傷罪(読み)ぎょうむじょうかしつちししょうざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

業務上過失致死傷罪
ぎょうむじょうかしつちししょうざい

業務上必要な注意を怠り,よって人を死傷に致す罪 (刑法 211) 。通常過失致死傷罪と比べて刑がかなり重く,5年以下の懲役もしくは禁錮,または 50万円以下の罰金に処せられる。業務の概念は判例学説によりきわめて広く解されており,職業や営業上の行為であることを要せず,人が社会生活を維持するうえで,反復・継続して行う危険な行為を広く含む。たとえば,娯楽のためであっても自動車を運転することは業務にあたる。しかも,ただ1回の行為でも継続して従事する意思があればこれにあたる。業務上の過失が重く処罰される理由について判例は,業務者には通常人と異なった高度の注意義務が課されているからであるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の業務上過失致死傷罪の言及

【過失致死傷罪】より

…ただし,被害者等からの告訴がなければ起訴されない),過失致死罪(210条。刑は50万円以下の罰金),業務上過失致死傷罪(211条前段。刑は5年以下の懲役もしくは禁錮,または50万円以下の罰金),重過失致死傷罪(211条後段。…

※「業務上過失致死傷罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

業務上過失致死傷罪の関連情報