心皮(読み)しんぴ(英語表記)carpel

翻訳|carpel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心皮
しんぴ
carpel

種子植物の花は,一つの枝の各分化して,生殖器官となったものとみることができる。この際,雌性配偶体をつける葉,すなわちめしべ (雌ずい) を形成する葉を心皮という。シダ植物でいえば大胞子葉にあたるものの進化的変形である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぴ【心皮】

めしべを構成する特殊な分化をした葉。子房・花柱・柱頭に分化する。羊歯しだ植物では大胞子葉がこれに相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心皮
しんぴ

雌しべを構成する葉(よう)的器官をいう。この語は、ドイツの詩人ゲーテが『植物変態論』において述べているような、雌しべも葉的器官よりなるとみなした考え方である。胚珠(はいしゅ)は心皮の向軸面の縁(へり)に沿ってつく場合と面全体につく場合とがある。心皮は裸子植物(ソテツなど)の胚珠をつける大胞子葉と相同とみなすという意見もある。キンポウゲ科やマメ科のように、1枚の心皮が向軸側に閉じて1個の雌しべをつくる場合、花は心皮の数と同数の雌しべをもつことになるが、複数の心皮が合着して1個の雌しべをつくることもある。ユリ科、アヤメ科、ラン科などでは、雌しべは普通、3心皮性、フウロソウ科、カタバミ科などでは普通、5心皮性である。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぴ【心皮】

〘名〙 種子植物の雌しべを形成する葉。内部に胚珠を包み、花後に生長して果皮となる。シダ植物の大胞子葉に相当する。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の心皮の言及

【めしべ(雌蕊)】より

…被子植物の花の雌性器官で,子房,花柱,花頭の三つの部分からなり,受粉した後,花柱や花頭はしおれたり落ちたりするが,子房は発達してとなる。めしべは,異型胞子性のシダ植物(イワヒバ)や裸子植物(ソテツ)の大胞子葉と相同な心皮carpelからなっていて,葉の変態したものである。サクラの八重咲きの品種である普賢象のめしべは,先祖返りをして緑葉となっている。…

※「心皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android