コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心皮 しんぴ carpel

翻訳|carpel

4件 の用語解説(心皮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心皮
しんぴ
carpel

種子植物の花は,一つの枝の各葉が分化して,生殖器官となったものとみることができる。この際,雌性配偶体をつける葉,すなわちめしべ (雌ずい) を形成する葉を心皮という。シダ植物でいえば大胞子葉にあたるものの進化的変形である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぴ【心皮】

種子植物で、雌しべを構成する特殊な葉。胚珠(はいしゅ)をつける葉の変形したもの。被子植物では合わさって子房を形成する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんぴ【心皮】

めしべを構成する特殊な分化をした葉。子房・花柱・柱頭に分化する。羊歯しだ植物では大胞子葉がこれに相当する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心皮
しんぴ

雌しべを構成する葉(よう)的器官をいう。この語は、ドイツの詩人ゲーテが『植物変態論』において述べているような、雌しべも葉的器官よりなるとみなした考え方である。胚珠(はいしゅ)は心皮の向軸面の縁(へり)に沿ってつく場合と面全体につく場合とがある。心皮は裸子植物(ソテツなど)の胚珠をつける大胞子葉と相同とみなすという意見もある。キンポウゲ科やマメ科のように、1枚の心皮が向軸側に閉じて1個の雌しべをつくる場合、花は心皮の数と同数の雌しべをもつことになるが、複数の心皮が合着して1個の雌しべをつくることもある。ユリ科、アヤメ科、ラン科などでは、雌しべは普通、3心皮性、フウロソウ科、カタバミ科などでは普通、5心皮性である。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の心皮の言及

【めしべ(雌蕊)】より

…被子植物の花の雌性器官で,子房,花柱,花頭の三つの部分からなり,受粉した後,花柱や花頭はしおれたり落ちたりするが,子房は発達してとなる。めしべは,異型胞子性のシダ植物(イワヒバ)や裸子植物(ソテツ)の大胞子葉と相同な心皮carpelからなっていて,葉の変態したものである。サクラの八重咲きの品種である普賢象のめしべは,先祖返りをして緑葉となっている。…

※「心皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心皮の関連キーワード枝芯種子植物二次組織胚珠被子植物裸子植物茎葉植物植物界胚芽雌蕊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone