コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡太后 こたいこう Hú tài hòu

1件 の用語解説(胡太后の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こたいこう【胡太后 Hú tài hòu】

442‐490
中国,北第4代文成帝の皇后。第5代献文帝の全期および第6代孝文帝の前半,朝政を独裁した。姓は馮氏。北燕馮氏の孫。高宗の死後,権臣乙弗渾を誅して北魏王朝の危機を救ったことから朝権を掌握した。異腹の献文帝を毒殺したといわれ,寵臣とのスキャンダルも多かったが,李沖ら有能な臣下の提案を受け入れて国政の整備をはかった。三長制,均田制,租庸調,俸禄制など,すべて太后の功績である。死後文明太后と諡(おくりな)された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡太后の関連キーワード王導西太后宋雲太武帝北魏北周永寧寺張文成道武帝明-清朝の皇帝陵墓群