胡太后(読み)こたいこう(英語表記)Hú tài hòu

世界大百科事典 第2版の解説

こたいこう【胡太后 Hú tài hòu】

442‐490
中国,北第4代文成帝の皇后。第5代献文帝の全期および第6代孝文帝の前半,朝政を独裁した。は馮氏。北燕馮氏の高宗死後,権臣乙弗渾を誅して北魏王朝の危機を救ったことから朝権を掌握した。異腹の献文帝を毒殺したといわれ,寵臣とのスキャンダルも多かったが,李沖ら有能な臣下の提案を受け入れて国政の整備をはかった。三長制,均田制,租庸調俸禄制など,すべて太后の功績である。死後文明太后と(おくりな)された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android