コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡愈之 こゆし Hú Yù zhī

1件 の用語解説(胡愈之の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こゆし【胡愈之 Hú Yù zhī】

1895‐1986
中国の評論家,エスペランティスト。浙江省の人。パリ大学に留学後,商務印書館の《東方雑誌》編集者として活躍。1930年,世界各国を歴訪,《モスクワ印象記》を出版し注目をあつめたが左翼評論家として圧迫をうけた。日中戦争中に,広西省,シンガポールインドネシアなど各地を転々,文筆による抗日運動をおこなった。新中国成立後は,中国民主同盟委員,副主席,全国人民代表大会常務委員などの要職を歴任。1974年以降,中華全国エスペラント協会の会長を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の胡愈之の言及

【東方雑誌】より

…同社の《外交報》を前身とし,1904年(光緒30)に創刊され,48年までつづいた。本誌の誕生は清末における情報の飛躍的増大を反映したものであったが,総合雑誌として異例の長命をたもちえたのは,中道の立場ながら,時代の要求をくみあげつづけた編集陣(胡愈之もその一人)の努力の成果であろう。途中で辛亥革命のとき1回と,日本の侵略にあって3度停刊し,日中戦争中は長沙,香港,重慶で刊行された。…

※「胡愈之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胡愈之の関連キーワードエスペラントペーターエス語エスペランサスペースオペラ評論家エスペランチストエスペ君エースペラ吉村貞司

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone