コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能代春慶 ノシロシュンケイ

大辞林 第三版の解説

のしろしゅんけい【能代春慶】

能代に産する春慶塗。淡黄色で、木目が透いて見える。能代塗。秋田春慶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の能代春慶の言及

【春慶塗】より

…しかし正倉院に伝来する《赤漆文欟木厨子》は,木地を蘇芳(すおう)で染めて透漆を塗った今日の紅春慶塗の技法をみせ,すでに奈良時代から行われている。近世になり各地で各種の春慶塗が行われたが,現在は岐阜の飛驒春慶が主で,他に秋田の能代春慶(江戸初期,飛驒の工人山打三九郎が開いたという),茨城の粟野春慶,長野の木曾春慶などがわずかにその伝統を守っている。飛驒春慶は江戸初期,高山城主金森可重の子である茶人金森宗和が塗師成田三左衛門に盆類をつくらせたのに始まるといわれる。…

※「能代春慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

能代春慶の関連キーワード秋田県能代市山打三九郎木目能代春慶