能作(読み)のうさ

精選版 日本国語大辞典の解説

のう‐さ【能作】

〘名〙 仏語。行為を起こして、はたらきかけるもの。また、そのこと。所作に対していう。
※正法眼蔵(1231‐53)空華「これを妄法と邪執する能作所作、みな妄法なるべし」 〔倶舎論‐三〇〕

のう‐さく【能作】

〘名〙
① 能を作ること。
三道(1423)「三体能作、已上」
② 能を演ずること。また、その能のやり方。
※三十二番職人歌合(1494頃)一番「左歌、千秋万歳の能作は、毎年正月の佳曲なれば、諸職諸道の最初にいでて、哥合の一番にすすめり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能作の関連情報