コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千秋万歳 せんずまんざい

8件 の用語解説(千秋万歳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千秋万歳
せんずまんざい

平安時代末から鎌倉・室町時代にかけて盛んであった正月年頭の祝言の芸能およびその演者をいう。祝言のなかに「千秋万歳」の語があるところから出たもので,鳥甲 (とりかぶと) ,素襖 (すおう) をつけて禁裏や豪家に参入し,さまざまの祝言や舞を演じて祝福し,祝儀を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんしゅう‐ばんぜい〔センシウ‐〕【千秋万歳】

千年万年。永遠。また、長寿を祝う語。

せんしゅう‐まんざい〔センシウ‐〕【千秋万歳】

せんずまんざい(千秋万歳)

せんず‐まんざい【千秋万歳】

初春の祝福芸で、宮中をはじめ諸寺・諸家を回ってことほぎをして舞い、祝儀をもらうもの。平安末期に起こり、中世に盛行した。せんしゅうまんざい。 新年》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千秋万歳【せんずまんざい】

〈せんじゅまんざい〉とも。声聞師(しょうもじ)によってなされた,中世の慶祝の門付け芸。またその芸をなす者。〈踏歌〉に淵源を求めるのが通説だが疑問。もともとは長生をことほぐ慶賀のことばで,平安時代の貴族日記などではこの意味で官人たちが行っている例が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんずまんざい【千秋万歳】

〈せんじゅまんざい〉とも読む。正月の祝福芸能の一つ。また,それを業とする者をさす場合もある。《新猿楽記》に〈千秋万歳之酒禱(さかほがい)〉とあるのが古い例で,鎌倉期では《明月記》《勘仲記》などにその参入の記事がみえる。《名語記》によると散所法師が初子(はつね)の日に家々を訪ねて行う祝言芸で,それによって禄物を得たという。室町期に入ると,声聞師(しようもじ)が正月に禁裏(5日),公方邸(7日)をはじめ,諸家に赴いて,千秋万歳を演じ,曲舞(くせまい)を舞った記録が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんしゅうばんぜい【千秋万歳】

千年万年。永遠。また、長寿を祝う言葉。せんしゅうばんざい。 「門出の盃出さるれば、互に-と/浄瑠璃・出世景清」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千秋万歳
せんずまんざい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千秋万歳の言及

【万歳】より

…《詩経》の〈万寿無疆〉(〈豳風(ひんぷう)〉〈小雅〉など)は,賓客に対する万福万幸を祝すものである。戦国時代の《韓非子》顕学篇に至って祝福の詞として〈千秋万歳〉と熟した用例がみえる。人の死を指す語としては〈百年の後〉といういい方もあるが,国王,皇帝の死期をいうのに,直截な言表をさけて〈万歳千秋の後〉とか〈万歳の後〉と表現するのは,《史記》《漢書》をはじめとして多く見いだされるところである。…

【千秋万歳】より

…また,それを業とする者をさす場合もある。《新猿楽記》に〈千秋万歳之酒禱(さかほがい)〉とあるのが古い例で,鎌倉期では《明月記》《勘仲記》などにその参入の記事がみえる。《名語記》によると散所法師が初子(はつね)の日に家々を訪ねて行う祝言芸で,それによって禄物を得たという。…

【曲舞】より

…室町時代中期になると,この系統から戦記物語などに取材した比較的長い曲が生まれ,新しく後期の曲舞が勃興する。京都では北畠,桜町などの声聞師が年頭に宮中や貴族邸に参上して,千秋万歳(せんずまんざい)とともに《盛長夢物語》《頼朝都入》《和田酒盛》《那須与一》《百合若大臣》などの曲舞を演じ,近江,河内,美濃,摂津などの声聞師も連日のように京都で勧進し,奈良では興福寺配下の五ヶ所十座の声聞師の中に久世舞座が現れ,京都でも大頭(だいがしら)という流派もできた(大頭流)。若狭,能登,相模などの地方でも舞々と称してこれをよくするものが現れた。…

【祝福芸】より

…古代には〈ほかいびと〉(ほかい)と呼ばれ,家々の門(かど)に立って祝言を述べ,その代償として物を乞う存在があった。中世になると千秋万歳(せんずまんざい),物吉(ものよし),松囃子などといった祝言職が現れ,年の初めに禁中や諸寺,諸家に伺候して祝福の芸を演じ,また村々をめぐり歩いた。江戸時代になると祝言職の種類がさらに増え,万歳節季候(せきぞろ),うばら,つるそめ,えびす舞,大黒舞太神楽春駒鳥追などと多種多様になり,年末から年始にかけて諸国をめぐり歩き,訪問先で祝福芸を演じて生活の糧を得た。…

【万歳】より

…祝福芸,門付芸(かどづけげい)の一つ。正月に家々の座敷や門口で予祝の祝言を述べたてるもので,〈千秋万歳(せんずまんざい)〉の末流と考えられる。平安時代後期成立の《新猿楽記》には〈千秋万歳之酒禱(さかほがい)〉と見え,千秋万歳はこのころすでに職能として存在していたと思われる。…

※「千秋万歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千秋万歳の関連キーワード伊予万歳仙斎茶アジュマン伊勢万歳デガージュマン鳥刺野大坪万歳長寿の祝い千寿丸蒸し饅頭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千秋万歳の関連情報