コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇坂安信 わきざか やすのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇坂安信 わきざか-やすのぶ

?-1637 江戸時代前期の大名。
脇坂安治(やすはる)の3男。父とともに徳川家康につかえ,慶長年間に美濃(みの)領内に1万石をあたえられた。寛永9年備中(びっちゅう)松山藩池田家の刃傷(にんじょう)事件にまきこまれ除封となる。寛永14年4月1日死去。通称は甚九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

脇坂安信の関連キーワード脇坂安治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android