刃傷(読み)にんじょう

精選版 日本国語大辞典「刃傷」の解説

にん‐じょう ‥ジャウ【刃傷】

〘名〙 刃物で人をつけること。じんじょう。
※小右記‐寛和元年(985)正月二一日「於中門内下総守季孝為三レ傷面云々」
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「無実を言ひかけ刃傷(ニンジャウ)に及び」

じん‐じょう ‥ジャウ【刃傷】

〘名〙 刃物で人を傷つけること。にんじょう。
※洒落本・風俗八色談(1756)四「畜生を殺せば畜生に生れ。刃傷(ジンシャウ)して死ねば修羅道に生を受ると言(いふ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android