コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇屋恕亭 わきや じょてい

1件 の用語解説(脇屋恕亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇屋恕亭 わきや-じょてい

1794-1839 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。米谷金城,北小路竹窓,猪飼敬所(いかい-けいしょ)についてまなぶ。文政4年丹波園部(そのべ)藩(京都府)にまねかれて侍講となる。天保(てんぽう)10年2月12日死去。46歳。名は孝。字(あざな)は文卿,仲卿。通称は次郎。著作に「五教書」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

脇屋恕亭の関連キーワードタンジマート葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽水野忠邦服飾雑誌新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone