侍講(読み)じこう

  • じこう ‥カウ
  • じこう〔カウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主君に仕えて儒書その他を講義して君徳を養うこと,またはそれを役目とする名。奈良時代から天皇に侍講,皇太子親王侍読 (じとう,じどく) をつけたが,明治天皇若年で即位すると官職として侍講がおかれ,秋月種樹松平春嶽,大原重徳その他が任命され,1877年侍講局ができた。 86年廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

(1)一般に天皇・皇太子・親王,君主などに学問を進講した学者。侍読(じどく)とも。江戸時代,林羅山(らざん)は徳川家康に近侍し,秀忠に講書し,家光の侍講を命じられ,家康〜家綱の4代将軍下問に応じて諸法度・外交典礼などに関与した。(2)1869年明治天皇の学問に奉仕するため特設された官職。別に設けられた侍読と並んで奉仕した。のち侍読・侍講の別を廃して侍講制が定められ,国書・漢籍洋書について毎日進講されたが,天皇の政務繁多により1885年廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

君主に侍して学問を講義すること。また、その人。侍読。
明治時代、天皇・東宮に書を講じた官職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 君主に奉仕して、学問の講義をすること。また、それをつかさどる人。侍読(じどく)
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「侍講のもの二人に日講の事を仰下されて」 〔後漢書‐和帝紀〕
② 明治時代の官制。侍読、侍補とならび置かれ、天皇、皇太子に和漢洋書を進講した。
※東京横浜毎日新聞‐明治一九年(1886)四月二九日「洛東聖護院村に閑居せる中沼了造氏は、程朱学者にして嘗て侍講と為り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

侍講の関連情報