コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍講 じこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

侍講
じこう

主君に仕えて儒書その他を講義して君徳を養うこと,またはそれを役目とする職名。奈良時代から天皇に侍講,皇太子親王侍読 (じとう,じどく) をつけたが,明治天皇が若年で即位すると官職として侍講がおかれ,秋月種樹松平春嶽,大原重徳その他が任命され,1877年侍講局ができた。 86年廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐こう〔‐カウ〕【侍講】

君主に対して学問を講じること。また、その人。侍読。
明治時代、天皇・東宮和漢洋の書を講じた職。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

侍講【じこう】

(1)一般に天皇・皇太子・親王,君主などに学問を進講した学者。侍読(じどく)とも。江戸時代林羅山(らざん)は徳川家康に近侍し,秀忠講書し,家光の侍講を命じられ,家康〜家綱の4代将軍下問に応じて諸法度・外交・典礼などに関与した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じこう【侍講】

君主に侍して学問を講義すること。また、その人。侍読。
明治時代、天皇・東宮に書を講じた官職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

侍講の関連キーワード日野有範(1)三輪田真佐子古屋愛日斎三輪田高房長久保赤水脇屋恕亭渡辺巴洲武藤東里木下順庵山本章夫山上憶良永田桐隠榊原霞洲山根南溟大塚敬業大島半隠河村彊斎小倉遜斎浅野綱長山川玉樵

侍講の関連情報