コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈斑岩 みゃくはんがんelvan, elvanite

岩石学辞典の解説

脈斑岩

石英斑岩その他の類似した組成をもつ脈岩の英国コーンウォール(Cornwall)での呼び名.石英と長石の斑晶珪長質石基に囲まれ,雲母,電気石,緑泥石などが含まれることがある.ブルー・エルヴァン(blue elvan)は緑色岩の脈岩をいう.アイリッシュ海のマン(Man)島のセントジョン(St. Johns)などに産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android