脊弧海盆玄武岩(読み)はいこかいぼんげんぶがん(英語表記)back-arc basin basalt

岩石学辞典の解説

脊弧海盆玄武岩

沈み込み帯の脊弧地域で海洋底拡大が起こると縁海が生じ脊弧海盆が形成される.この脊弧海盆の地殻を構成する玄武岩で,この活動の始めには高アルミナ玄武岩類が形成される.最初は浅海性の噴火が起こり,引き続きハイアロクラスタイト(hyaloclastite)が枕状熔岩や塊状の熔岩流の間に挟まれて産出する[地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android