脚病(読み)カクビョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐びょう ‥ビャウ【脚病】

〘名〙 脚気(かっけ)のこと。
※将門記(940頃か)「将門の急に脚病を労て」
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「例わづらひ侍るかくびゃうのわづらひて」

きゃく‐びょう ‥ビャウ【脚病】

〘名〙 足の病気。脚疾(きゃくしつ)。かくびょう。〔頓要集(14C後‐15C前)〕

ちあなぎ【脚病】

〘名〙 馬がかかる病気の一種。せきが出て体毛がちぢれ、前足を折るようにして歩けなくなるという。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報