脳虚血発作(読み)のうきょけつほっさ(英語表記)cerebral ischemic attack

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳虚血発作
のうきょけつほっさ
cerebral ischemic attack

一過性の脳循環障害により,急激に手足の運動・知覚障害,失語症,意識障害などの脳神経症状を起す症候群。循環障害が回復すれば神経症状も消失し,後遺症は残らない。反復性脳虚血発作,低血圧に伴う一過性脳虚血などがある。また,高血圧に伴う脳動脈硬化症が存在し,脳血管が狭窄化しているときに急激な血圧の上昇によって脳血管の収縮が起り,一過性の脳神経症状を呈する場合には,高血圧性脳症または一過性脳虚血発作 (TIA) と呼ばれる。これは,脳卒中の前ぶれとして注意が必要である。なお,広義の脳虚血発作には,椎骨脳底動脈不全症,鎖骨下動脈の狭窄や閉塞,大動脈縮窄症,高安病などによる脳虚血も含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳虚血発作の関連情報