コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高安病 タカヤスビョウ

デジタル大辞泉の解説

たかやす‐びょう〔‐ビヤウ〕【高安病】

脈無し病のこと。明治41年(1908)に眼科医の高安右人(みきと)が最初に報告したところからの称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高安病【たかやすびょう】

脈無病,大動脈炎症候群ともいう。若い女性で手や頸(けい)部の動脈の脈拍が触知できない病気。難病に指定。胸部や腹部の大動脈から起こり,頸動脈,鎖骨下動脈,腎動脈に及ぶ閉塞(へいそく)性病変で,特に頸動脈の閉塞により脳血行が不良となり,失神発作,視力低下をきたす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかやすびょう【高安病 Takayasu’s disease】

脈無病あるいは大動脈炎症候群ともいう。炎症のために動脈の狭窄や閉塞を起こす疾患。動脈壁が厚くなって内腔が狭くなったり,つまったりするため,脈がふれなくなり,ときに拡張して動脈瘤をつくることがある。大動脈とその分枝,ときには肺動脈も侵される。若い女性に多く,1908年高安右人が初めて報告した。頸動脈の狭窄では視力低下,めまい,立ちくらみ,頭痛が起こる。大動脈の狭窄(異型大動脈縮窄)では上半身の高血圧と下半身の低血圧がみられ,歩くとすぐ太ももが疲れ,少し休むと回復する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかやすびょう【高安病】

〔眼科医、高安右人みぎと1860~1938)が報告したことから〕
脈無みやくなし病」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高安病の言及

【血管炎】より

…血管に炎症性あるいは増殖性の変化がおこる疾患は異質のグループからなり,あるものは原因もはっきりしていて,かなり一定した症状を呈する特異性疾患であり,他のものは原因もはっきりせず,症状も千差万別である。 血管炎という概念は広いカテゴリーで,大動脈炎症候群(高安病)やバージャー病,あるいはベーチェット病にみられる血管病変のような大型の血管炎から,結節性動脈周囲炎,悪性関節リウマチ,紅斑性狼瘡(ろうそう),強皮症などの膠原(こうげん)病,限局性の壊死性動脈炎,結節性紅斑,硬結性紅斑,非化膿性皮下脂肪組織炎などにみられる小型の血管炎まで含まれ,これらの疾患ではいずれも血管炎が病因上重要な役割を演じているものと考えられる。また,血小板非減少性紫斑病,とくに類アナフィラキシーあるいはアレルギー性紫斑病では,病理組織学的に皮膚や臓器の小血管の壊死性病変が特徴とされている。…

【血管雑音】より

…また,大きな動脈瘤の場合には,拡張期にも雑音を聴取できることがある。閉塞性動脈硬化症や大動脈炎症候群(高安病)でも,血管に限局的な狭窄がある場合,その部位で収縮期雑音が聴取される。前者では,頸動脈,大腿動脈,腸骨動脈などが好発部位で,大動脈で聴取されることもある。…

※「高安病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高安病の関連キーワードWHOによる糸球体疾患の分類網膜に変化をおこす全身の病気副腎皮質ホルモン剤高安 六郎脳虚血発作高安動脈炎脈なし病高安六郎血管炎脈無病

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android