腐女子(読み)ふじょし

知恵蔵の解説

腐女子

妄想の行き着く先が、常に男性同士の性愛となる女性、いわゆる「やおい」ファンへの蔑称である。「負け犬」などと同様、自嘲気味に使われることが多い。かつては、有名マンガの男性キャラクター同士を性愛関係に見立てた同人誌マンガ、すなわち「やおい」のファン層が中心だったが、1990年代に入ってからはBL(ボーイズラブ)市場が急激に発展し、今やマンガ産業にとって有力な顧客層を形成している。近年では、腐女子の奇矯な言動を恋人でもあるオタク男性の目を通してコミックエッセイ風に描いた、小島アジコ『となりの801ちゃん』(宙出版)のヒットや、非オタク男性と腐女子のラブコメディー、紺條夏生『妄想少女オタク系』(双葉社)の映画化などで、社会的な認知を獲得しつつある。日常生活の中ではノーマルを装いつつ、ひそかにBLを愛好する「隠れヤオラー」「隠れ腐女子」も相当数に上るとみられる。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腐女子の関連情報