コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕組(み) ウデグミ

デジタル大辞泉の解説

うで‐ぐみ【腕組(み)】

[名](スル)両方の腕を胸の前で組むこと。傍観するとき、または、考えこむときなどにする動作。「腕組みして見守る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

腕組(み)の関連キーワード手をこまぬく/手をこまねる恋人代行サービス手を束ねる小倉義人手を拱く手を組む腕を拱く白石稔伸展葬捏ねる温庭筠操る両方動作拱く

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android