野狐(読み)やこ

精選版 日本国語大辞典「野狐」の解説

や‐こ【野狐】

〘名〙 にすむ。のぎつね。特に、禅で、真に深奥に達しないのに、自分でさとったつもりでいる者をいう。野狐禅
※性霊集‐一(835頃)入山興「歌堂舞閣、野狐里、如夢、如泡、雷影賓」
※塩山和泥合水集(1386)「生涯たた野狐となりて、若干の衆を惑乱すべし」

の‐ぎつね【野狐】

〘名〙 野にすんでいる狐。野生の狐。野良狐。やこ。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野狐」の解説

やこ【野狐】[書名]

田中英光短編小説妻子をもちながら破滅的生活に溺れていく男の姿を描いた私小説的作品。昭和24年(1949)「知識人」に発表。同年刊行の作品集「愛と憎しみに」に収録

の‐ぎつね【野×狐】

野にすむ狐。野生の狐。やこ。

や‐こ【野×狐】

山野にすむキツネ。のぎつね。
[補説]書名別項。→野狐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android