腰元金(読み)こしもとがね

精選版 日本国語大辞典「腰元金」の解説

こしもと‐がね【腰元金】

〘名〙 腰刀の鞘(さや)胴金をいう。鞘のにあたる辺につけたもの。この差表(さしおもて)の上に栗形(くりがた)、下に折金(おりがね)がつく。腰元
※大内問答(1509)「公方様御腰物は、さやぬりおとし、つかがは、こしもと金、こじり、柄頭同前、それを黒ぬられ候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腰元金」の解説

こしもと‐がね【腰元金】

腰刀のさやが腰にあたる部分につけた胴金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android