コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗形 クリカタ

デジタル大辞泉の解説

くり‐かた【×栗形】

刀の鞘(さや)の鯉口(こいぐち)の近くにつけた、栗の実を半切りにした形状のもの。穴があって下げ緒を通す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりかた【栗形】

打ち刀や腰刀の鞘口さやぐち近くにつけ、下げ緒を通すもの。木・角・金属で作った環で、多く栗の実を半截はんせつした形。「栗形」は当て字で、緒を通す穴を刳った物の意で「刳り形」が語源らしい。下げ緒通し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栗形の関連キーワード下げ緒通し七所拵え刳り形腰元金馬手差腰元鵐目

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android