腰折病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑「腰折病(トウモロコシ)」の解説

腰折病(トウモロコシ)

初め関東地方で発生し、その後東北などで散発している糸状菌病。6月末頃草丈が1mぐらいに達した時点から発生が始まり、地際部のすぐ上の表面が暗褐色水浸状に変色し、急速に稈内部に腐敗が及ぶ。褐色、紡錘形病斑を表面に生じることもある。すぐに稈は軟化腐敗し、その部分から捻れるようにして倒れる。病原菌は罹病組織上で遊走子のうを形成し、遊走子を出して広がる。高温(特に30℃以上)多湿条件下で発生し、出穂前後の若い植物が罹病することが多い。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android