腰札(読み)こしふだ

精選版 日本国語大辞典「腰札」の解説

こし‐ふだ【腰札】

〘名〙 江戸時代の門鑑。城内や役所へ出入することを許された人夫、職人などのにさげる鑑札
御触書天明集成‐二三・明和四年(1767)一〇月「一納払に差出候人足共え、腰札御蔵役所より相渡、提させ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android