コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸狭窄 チョウキョウサク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐きょうさく〔チヤウケフサク〕【腸狭×窄】

腸管が狭くなり物を通しにくくなった状態。大腸癌(がん)・腸結核・腸癒着などによって起こる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

腸狭窄【ちょうきょうさく】

腸閉塞(へいそく)に比べ腸の通過障害が軽いか中等度のもの。原因は腸閉塞と同じで,症状もこれに似るがより軽い。内科的療法や手術で原因を除去する。進行して腸閉塞になるものも少なくないので注意を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうきょうさく【腸狭窄】

腸管内腔が狭まった状態。腸管の悪性腫瘍・腸結核・腸癒着などで起こり、鼓腸・嘔吐・腹痛などの症状を呈する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腸狭窄の関連キーワード鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病)鼠径リンパ肉芽腫症先天性腸閉塞症直腸ポリープ内ヘルニアパイル病断食療法長谷川泰悪性腫瘍腸管鼓腸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腸狭窄の関連情報