コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸結核 ちょうけっかくintestinal tuberculosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腸結核
ちょうけっかく
intestinal tuberculosis

結核に続発することが多く,回腸下部,盲腸および上行結腸の起始部に好発する。多くは特有で頑固な下痢を起し,衰弱が激しい。過去においては結核患者の死因の大きな部分を占めていたが,最近では例外的な病気となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

腸結核【ちょうけっかく】

結核菌の感染による腸の炎症で,慢性下痢,腰痛,微熱などを呈する。多くは肺結核時に結核菌を含む痰(たん)を飲み込むことにより起こる。抗結核薬などの進歩とともに近年ではまれな疾患となった。
→関連項目結核

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

腸結核

 腸結核症ともいう.結核菌が腸に感染して示す症状.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

家庭医学館の解説

ちょうけっかく【腸結核】

 肺結核(はいけっかく)が多かった時代には、肺結核に合併する腸結核が多くみられました。これは肺結核病巣の結核菌がたんとともに嚥下(えんげ)され(飲み込まれ)、腸に達し、病変を形成すると考えられ、肺病変に続発(ぞくはつ)することにより、二次性腸結核(にじせいちょうけっかく)といわれます。
 一方、最近は肺病変がはっきりしない腸結核の発生が増えていて、これは腸管に初感染巣(しょかんせんそう)として生じることから一次性腸結核(いちじせいちょうけっかく)(孤在性腸結核(こざいせいちょうけっかく))といわれます。
 活動性の腸結核では、下痢(げり)、腹痛、発熱、食欲不振、体重減少などがおもな症状で、肺結核に消化管症状をともなう場合には診断は容易です。一次性腸結核では結核病変は自然治癒(ちゆ)をくり返すことが多く、症状も乏しく、偶然発見されることもあります。
 診断には糞便(ふんべん)中の結核菌を同定することがもっとも重要ですが、腸結核では糞便中に結核菌が見つからないことも多く、この場合は、小腸(しょうちょう)、大腸(だいちょう)のバリウムによる造影X線検査、内視鏡検査が有用です。内視鏡により病変部組織を採取(生検(せいけん))して、病理組織学的に調べ、結核に特徴的な所見を得ることは診断の大きな助けとなります。
 治療は、肺結核と同様(肺結核(「肺結核」))に行なわれます。
 腸結核が疑われ、確定診断がむずかしいときは、抗結核療法が行なわれて、その結果をみるということもあります。
 腸結核は栄養状態が悪いと発病しやすいので、日常の規則正しい生活が、その予防上たいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけっかく【腸結核 tuberculosis of the intestine】

腸の内面に結核菌で潰瘍ができる病気。従来は肺結核の活動性病巣からでた結核菌が,痰とともにのみこまれて発生する病気と考えられていたが,近年,肺結核を合併しないことがしばしばある。消化管に入りこんだ結核菌は胃酸の影響を受けずに小腸へ送られ,腸内容の停滞しやすい回腸や右側結腸の粘膜にあるリンパ濾胞に侵入する。抵抗力がないと結核菌は繁殖して粘膜を破り,小さな潰瘍を形成する。潰瘍は互いに融合して輪状,地図状となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうけっかく【腸結核】

腸管の結核症。多くは肺結核からの二次感染で、下痢・発熱・腹痛・腸狭窄などの症状を呈する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腸結核
ちょうけっかく

結核菌の感染によっておこる腸管の炎症性疾患で、腸管に初感染巣をつくる一次性腸結核と、おもに肺結核病巣の結核菌が喀痰(かくたん)の嚥下(えんげ)によって腸に達し、直接腸粘膜に侵入して発病する二次性腸結核とに分類される。症状としては、発熱、全身の倦怠(けんたい)感、食欲不振、やせすぎ、腹痛、下痢のほか、腸管の瘢痕性狭窄(はんこんせいきょうさく)による狭窄症状(鼓腸(こちょう)や腹鳴など)があるが特異的なものはなく、無症状に経過するものも少なくない。一般に、腸結核のほとんどは肺結核に続発する二次性のものとされているが、胸部X線写真上では腸結核と確定診断されたものの約半数に異常が認められず、また活動性結核が認められたものは約4分の1にすぎないという報告もある。なお、ツベルクリン反応は腸結核の場合、通常は陽性であるが、一次性腸結核では陽性率が低くなっている。
 腸結核の診断は臨床所見、消化管X線検査、内視鏡検査によって行われ、抗結核剤投与による治療経過が参考にされる。これはクローン病や非特異性多発性小腸潰瘍(かいよう)症などと鑑別するうえで役にたつ。肺結核と同様に治療する。狭窄症状の改善には外科手術が好成績をあげている。[山口智道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腸結核の関連キーワード肺外結核のいろいろ吸収不良症候群潰瘍性大腸炎クローン病北田薄氷塩田広重北条民雄慢性腸炎腹膜炎腸出血腸狭窄回盲部リツ子腸潰瘍大腸炎喉頭出血パス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android