腹の虫(読み)はらのむし

精選版 日本国語大辞典「腹の虫」の解説

はら【腹】 の=虫(むし)[=中(なか)の虫(むし)

① 人体の消化器に寄生する回虫(かいちゅう)の類。〔和玉篇(15C後)〕
② 空腹どきの腹鳴りを、腹中に虫がいて、それが鳴くものとしていう、その虫。
※俳諧・伊勢山田俳諧集(1650)寄合「うまさうにたうふをくふは浦山し あはれにもただ鳴はらの虫」
腹立ちの感情などを、腹中にいる虫によって起こるものとしていう、その虫。腹だちや不満などの感情。
※当世少年気質(1892)〈巖谷小波〉四「ヂッと腹の虫を殺して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「腹の虫」の解説

はら‐の‐むし【腹の虫】

腹の中にいる寄生虫。回虫の類。
空腹時の腹鳴りを腹の中に虫がいて鳴くものとした、その虫。
腹立ちなどの感情を腹の中にいる虫によるものとした、その虫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android