腹毛虫類(読み)ふくもうちゅうるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹毛虫類
ふくもうちゅうるい

袋形(たいけい)動物門の一綱Gastrotrichaを構成する動物群。毛遊類と帯虫類の二目からなり、腹毛類ともよばれる。前者は主として淡水に生息し外形がイタチ状であるためイタチムシ類と総称され、後者はもっぱら海水中で生活し、外形が帯状であるためオビムシ類と総称される。体の腹面に繊毛域を有するため袋形動物門中では祖先型とみなされ、扁形(へんけい)動物のウズムシ類からオビムシ類が分化し、海ではそれが環形動物の原始環虫類へ進化、淡水域ではイタチムシ類から線虫類と輪毛虫類に進化した、と考えられている。[鈴木 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android