コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹膜のしくみ(読み)ふくまくのしくみ

家庭医学館の解説

ふくまくのしくみ【腹膜のしくみ】

 腹壁の内側は、薄い膜でおおわれています。この膜を壁側腹膜(へきそくふくまく)といいます。
 また、胃、腸、肝臓、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)などの腹腔(ふくくう)内に存在する臓器も薄い膜で包まれています。この膜を臓側腹膜(ぞうそくふくまく)といいます。
 壁側腹膜、臓側腹膜と名称は異なりますが、じつは一続きになった1枚の膜です(図「腹膜のしくみ(腹部の横断面)」)。
 腸を包む腹膜は、2層の膜が向き合った格好をしています。この部分を腸間膜(ちょうかんまく)といいます。
 この腹膜の表面積は、1.7~2m2にも達し、からだの表面積に等しいといわれています。
 壁側腹膜と臓側腹膜との間にはすき間があって、腹膜腔(ふくまくくう)といい、少量のサラサラとした液体(漿液(しょうえき))が存在します。この漿液が潤滑油の役目をするので、臓器どうしの摩擦(まさつ)が少なくてすむのです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android