コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 はら loop

翻訳|loop

6件 の用語解説(腹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


はら
loop

物理学用語。両端を固定した弦の振動や定在波において,振幅が極大になる点。これに対して,振幅が極小になる点を節という。同じ方向に振動して互いに反対向きに進む2つの正弦波を重ね合せてできる定在波では,進行波の波長を λ とすると,腹と腹との距離は λ/2 ,腹と節との距離は λ/4 となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


はら

「腹腔 (ふくくう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はら【腹/×肚】

[名]
動物の、胸部と尾部との間の部分。胴の後半部。また、背に対して、地に面する側。人間では、胸から腰の間で中央にへそがある前面の部分。横隔膜と骨盤の間で、胃腸のある部分。腹部。「魚の―を割く」「中年になって―が出てきた」「―の底から声を出す」
胃腸。「食べ過ぎて―にもたれる」
(「胎」とも書く)母親が子を宿すところ。母の胎内。また、そこから生まれること。「子が―にある」「同じ―から生まれる」
(「胆」とも書く)
㋐考えていること。心中。本心。また、心づもり。「口は悪いが、―はそれほどでもない」「自分一人の―に納めておく」「折をみて逃げ出す―らしい」
㋑胆力。気力。また、度量。「―の大きい、なかなかの人物」「少しくらいのミスを許す―がなくては勤まらない」
感情。気持ち。「これでは―が収まらない」
物の中ほどの広い部分。また、ふくらんだ部分。「徳利(とっくり)の―」「転覆した船が―を見せる」
背に対して、物の内側の部分。「親指の―でつぼを押す」
定常波振幅が最大となるところ。⇔節(ふし)
[接尾]助数詞。魚の卵巣、特に食用のはららごを数えるのに用いる。「たらこ二(ふた)―」
[下接語]赤腹朝腹裏腹片腹業(ごう)腹下腹白腹空き腹(ばら)後(あと)腹追い腹扇腹男腹女腹陰腹亀(かめ)腹粥(かゆ)腹下り腹小腹先腹里腹地腹自腹渋り腹蛇(じゃ)腹皺(しわ)腹太鼓腹茶腹詰め腹冷え腹脾(ひ)腹太(ふと)腹船(ふな)腹布袋(ほてい)腹負け腹水腹虫腹むしゃくしゃ腹無駄腹餅(もち)腹自棄(やけ)腹雪腹湯腹横腹脇(わき)腹(ぱら)朝っ腹金(きん)腹銀腹空きっ腹中(ちゅう)っ腹土手っ腹太っ腹向かっ腹自棄(やけ)っ腹

ふく【腹】[漢字項目]

[音]フク(呉)(漢) [訓]はら
学習漢字]6年
〈フク〉
はら。「腹腔(ふくこう)腹痛腹部割腹空腹鼓腹口腹私腹切腹捧腹(ほうふく)満腹
母胎。母親。「異腹同腹
物の中ほど。「山腹中腹
心。胸のうち。「腹案腹心腹蔵剛腹心腹
〈はら(ばら)〉「腹芸裏腹業腹(ごうはら)自腹蛇腹(じゃばら)水腹脇腹(わきばら)太鼓腹

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はら【腹 belly】

生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。腹をもつ動物では,一般に体が左右相称で,体の前端部に中枢神経や感覚器の集中した頭があり,頭と腹の間には胸が,腹の後には尾が分化していることが多い。体幹がこのように分化した動物は高等な体制をもつもので,ほぼ節足動物脊椎動物がそれにあたる。
[動物の腹]
 節足動物の昆虫類では,胴部は明りょうな二つの部域に分かれており,前部を胸部,後部を腹部という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


はら

生物学用語の腹には、二通りの意味がある。一つは動物の背の反対側をいう。多くの場合、動物の体は地面に対する側とその反対側(背)とでは外部や内部の形態が異なる。地面側には、脊椎(せきつい)動物では消化管があり、節足動物では神経が走る。この地面に対する側を腹とよぶ。ただしウニやヒトデなどでは下面は腹面ではなく口側とよぶべきである。腹面は両生類におけるように、受精後まもなく決定されるものがある。すなわち卵の精子進入点の側が腹面となる。逆に、進入点の反対側には灰色新月環ができるが、その側が背になる。
 他の一つは、体の前端の頭、その次の胸に対する語として、胸の後方、尾の前方の部分をいう。この腹部は脊椎動物や節足動物(ダニ類のように頭胸部と腹部との区別の不明瞭(ふめいりょう)なものもある)で明らかである。昆虫では腹部はいくつかの体節に分かれ、雄では生殖室があって生殖器(陰茎)を収め、雌では体節から出た突起からなる産卵管がある。[内堀雅行]

ヒトにおける腹

解剖学上で腹というときには、体の方向を示す場合と体の部位を示す場合とがある。すなわち、方向を意味する場合は、背に対する腹であり、背腹性を示す動物に共通して用いることができる。体の部位を意味する場合では、全身を区分したときの、その一部であり、これがはっきりしているのは脊椎動物と節足動物である。
 人体における腹は、解剖学的または臨床医学的に体表面上でいくつかの区分に分けられている。しかし、表面上の区分と内臓を考慮した位置的関係とはかならずしも一致しない。腹の部位は前腹部と後腹部とに分けられるが、通常、後腹部は背部に属させている。前・後腹部の境界は外見上、はっきりしているわけではない。前腹部は解剖学的には九区分される。この九区分は、それぞれ2本の水平線と垂直線とによってつくられる。すなわち、左右の第10肋骨(ろっこつ)の最低点と腸骨稜(りょう)の最高点をそれぞれ通る2本の水平線(肋骨下水平線と腸骨稜頂水平線)、および左右の鎖骨(さこつ)のそれぞれ中央部を通る2本の垂直線(鎖骨中線)、あるいは上前腸骨棘(きょく)を通る垂直線と前正中線との中間を通る2本の垂直線(副中心線)によって構成される。九区分の中央部が臍(さい)部、その左右が側腹部、臍部の上部が上腹部、上腹部の左右を下肋部、臍部の下部を恥骨部、恥骨部の左右を鼠径(そけい)部とよぶ。鼠径部は三角形状となる。一方、内部の腹は横隔膜が上部の境になるので、横隔膜円蓋(えんがい)の輪郭を前胸壁に投影してみると、内部の腹は肋骨弓よりずっと上方になる。この横隔膜円蓋と肋骨弓に挟まれた部分が下肋部の位置となる。このほか、腹を四区分に分ける方法もある。これは、へそを通る水平線と垂直線とで分ける方法であり、この場合には、左上、左下、右上、右下のそれぞれを4分の1区画とよぶ。
 俗語として用いられる腹には、心のなかの考え、度胸、度量などの意味があるほか、物体の中央部などをさすこともある。また、物理学用語では、定常振動あるいは定常波で振幅が最大となるところを腹loop, antinodeといい、振幅が零(ゼロ)のところを節(ふし)nodeという。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【皮∥革】より

…ハイドは大動物(ウシ,ウマなど)の皮で,アメリカ,カナダ規格では皮重量25ポンド(約11kg)以上のもの,スキンはそれ以下のもので,幼動物または小動物(子ウシ,ヒツジ,ブタなど)の皮をさす。ハイドはその使用目的によって原料皮,または革になったとき,サイドside(背線での半裁),ショルダーshoulder(肩部),バットbutt(背部),ベリーbelly(腹部)などに裁断されることがある(図)。 動物からはいだままの生皮は腐敗しやすいので,ただちに乾燥(乾皮),塩づけ(塩蔵皮),塩づけののち乾燥(塩乾皮),防腐剤で処理後,乾燥(薬乾皮)などの方法で保存される(仕立て,キュアリング)。…

※「腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腹の関連キーワード倍脚類星口動物頭胸部葉蜂腹部歩脚間の間

腹の関連情報