コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膃肭臍 オットセイ

デジタル大辞泉の解説

おっとせい【×××臍】

アシカ科の哺乳類。体長は雄が約2メートル、雌が約1メートル。頭は丸く、四肢はひれ状で、全身に刺毛と綿毛が密生。北太平洋に分布し、夏、小さな島に多数集まり、一夫多妻の集団をつくって繁殖する。毛皮は良質だが、国際条約によって保護されている。ウニウ
[補説]アイヌ語「オンネップ」を中国で「膃肭」と音写、この臍(へそ)が薬用として膃肭臍または海狗腎(かいくじん)の名で日本に入った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

オットセイ【膃肭臍】

アシカ科の哺乳類。雄は体長2.2メートル、体重200キログラムに達するが、雌は1.3メートルほど。前後肢はひれ状で、泳ぐのに適する。耳介はごく小さい。全身ビロード状の黒褐色の毛で覆われ、下毛は淡い赤褐色の綿毛で、毛皮が珍重される。繁殖期には、雄は多くの雌を従え、ハレムをつくる。太平洋北部に産し、冬は日本にも回遊する。ウネウ。 〔「膃肭臍」とも書く。「膃肭おつとつ」はアイヌ語オンネプの音訳。陰茎を臍ほぞと称して薬用としたことから〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膃肭臍の関連情報