海象(読み)カイショウ

  • 〈ロシア〉sivuch
  • かいしょう ‥シャウ
  • かいしょう〔シヤウ〕
  • かいぞう
  • かいぞう ‥ザウ
  • かいぞう〔ザウ〕
  • セイウチ
  • 海象 (セイウチ)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「海象」の漢字は古来鰭脚(ひれあし)類のセイウチと読ませているが、ゾウアザラシ(ハナナガアザラシ=鼻長海豹)を海象とよんだ人も現れて混乱した。

[西脇昌治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Odobenus rosmarus
動物。セイウチ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 海に関する自然現象。
※土地収用法(1951)三条「気象・海象・地象又はこう水その他これに類する現象の観測」
〘名〙 (sivuč 「とど」の意の誤伝) セイウチ科の哺乳類。体長約三メートル、体重は一〇〇〇キログラムにも達する。体にはほとんど毛はなく、皮膚が厚い。四肢(しし)はひれ状で、先に爪をもつ。頭は丸く吻(ふん)に堅いひげをもち、上あごの犬歯は伸びて長大な牙となり雌で三〇センチメートル、雄では七〇センチメートルにもなる。北極海の沿岸や氷上にすみ、牙で海底を掘り、貝・エビ・カニなどを捕食。動作はのろいが、牙で外敵と戦ったりする。アザラシ類と同様、耳介はなく、アシカ類のように後ろあしを前に曲げることができる。牙は象牙の代用品として利用。海馬(かいば)。かいぞう。
※博物図教授法(1876‐77)〈安倍為任〉二「海馬(セイウチ)は樺太州の極北に棲む。其牙は長大にして象牙に似たり」
〘名〙 =せいうち(海象)〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の海象の言及

【海況】より

…大気の状態を天気とか天候とかいうことばで表すのに相当する。海況とまぎらわしいことばに海象があるが,後者は気象(雨,雪,風などの現象を指す)に対応することばで,個々の現象を意味する。つまり海況とは海象の総合された状態である。…

※「海象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海象の関連情報