海豹(読み)あざらし

精選版 日本国語大辞典「海豹」の解説

あざらし【海豹】

〘名〙
アザラシ科の哺乳類総称アシカオットセイに似ているが、外耳はない。四肢は毛でおおわれ、爪がよく発達している。ひれ状の後ろあしは前に曲げられないが、魚の尾びれのように動かせる。体毛はかたく、綿毛はない。ゼニガタアザラシゴマフアザラシなど一九種があり、主に北洋と南極周辺にすみ、魚などを捕食する。ねつぶ。
※十巻本和名抄(934頃)七「水豹 文選西京賦〈阿左良之〉」
② スキーで、スキー板の滑走面につけて滑り止めとして用いるアザラシの皮。シールスキン。シール。

かい‐ひょう ‥ヘウ【海豹】

〘名〙 =あざらし(海豹)大和本草(1709)〕〔新唐書東夷伝

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「海豹」の解説

あざらし【海豹】

鰭脚ききゃく目アザラシ科の哺乳類の総称。陸上では、後肢が後方に向いたままで、前肢で体を引きずって前進する。クラカケアザラシゴマフアザラシゾウアザラシなど約20種が、世界各地の洋、特に北洋に多く、淡水湖にも分布。シール。かいひょう。 春》
[類語]海驢あしか膃肭臍おっとせい海馬とどセイウチ

かい‐ひょう〔‐ヘウ〕【海×豹】

アザラシ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android