コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膝丸 ヒザマル

2件 の用語解説(膝丸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひざまる【膝丸】

源氏累代の鎧(よろい)の一。千頭の牛の膝の皮で威(おど)してあったという。平治の乱で紛失。
源氏累代の宝刀。源満仲が罪人の首とともに膝をも斬ったところからの名という。→蜘蛛切丸(くもきりまる)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひざまる【膝丸】

源氏累代の鎧よろい。千頭分の牛の膝の皮を用いて作ったことから名付けられた。平治の乱で紛失。
源氏累代の宝剣。源満仲が罪人を斬首した際、膝まで斬れたことから名付けられた。同様の逸話から、蜘蛛切くもきり、髭切ひげきりともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の膝丸の言及

【源頼光】より

…【大塚 章】
[説話と伝説]
 頼光と渡辺綱など四天王の武勇談は能の《大江山》,御伽草子の《酒呑(しゆてん)童子》にみえ,大江山の鬼退治として親しまれるようになった。屋代本《平家物語》剣巻に,瘧(ぎやく)病(わらわやみ)にかかった頼光は,加持しても効果なく,床に伏せっていると,ある夜たけ7尺ばかりの法師が縄をかけようとするので,枕元の名剣膝丸(ひざまる)をとって切りつけると手ごたえがあり,灯台の下に血がこぼれていた。その血をたどると北野社の塚穴に達し,掘ると中に大きな山蜘蛛(くも)がいるので,からめとって鉄の串にさし川原にさらした。…

※「膝丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膝丸の関連情報