コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源満仲 みなもとのみつなか

8件 の用語解説(源満仲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源満仲
みなもとのみつなか

[生]延喜12(912)/延喜13(913)
[没]長徳3(997)
平安時代中期の武士。清和天皇の曾孫。父は経基。正四位下,鎮守府将軍。摂津国多田に住んで多田を称した。摂津,越前,武蔵,伊予,美濃,下野,陸奥などの国守を歴任した。安和2 (969) 年に為平親王擁立の陰謀を企てたと密告して源高明失脚の因をつくり,藤原氏政権の確立に奉仕し,並びなき武人との声望を得,藤原氏に随従して後代の清和源氏発展への遠因をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐みつなか【源満仲】

[913~997]平安中期の武将。経基の長男。鎮守府将軍。安和(あんな)の変源高明を失脚させ、藤原氏に協力して地位を確立。摂津国多田に住んで、多田源氏を称した。多田満仲

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

源満仲【みなもとのみつなか】

平安中期の武将。経基(つねもと)の子。摂津(せっつ)源氏の祖。安和(あんな)の変に藤原氏と結んで勢力をのばし,清和源氏発展の基礎を固めた。摂津多田(ただ)(兵庫県川西市)に住し多田源氏と称した。
→関連項目源頼信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源満仲 みなもとの-みつなか

912-997 平安時代中期の武人。
延喜(えんぎ)12年生まれ。源経基(つねもと)の長男。摂津多田荘(兵庫県)を本拠とする多田源氏の祖。安和(あんな)の変で藤原千晴(ちはる)らを密告。以後藤原摂関家とむすび,武門としての源氏の地位をきずく。越前(えちぜん),摂津などの国守,鎮守府将軍を歴任。晩年出家して多田新発意(しんぼち)とよばれた。長徳3年死去。86歳。法名は満慶。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源満仲

没年:長徳3(997)
生年:延喜12(912)
平安中期の武将。賜姓源氏の経基の嫡男。多田源氏の祖,多田新発意と称す。法号は満慶。安和の変(969)の発端となった陰謀(源連 らが皇太子守平親王廃位を狙っているという)を密告して朝廷にその名を強く印象づけた。清和源氏が摂関家に臣従する契機はここに始まるとみてよい。越前(福井県),常陸(茨城県)などで地方官も務めたが京での生活が主である。左京一条に邸宅を構えていたが,放火によって焼亡した。また押し入った強盗を捕らえたこともある。朝廷警備も担当し,一条天皇時代(986~1011)のすぐれた武士5名のなかにその名をとどめるが,武士として顕著な働きはみられない。摂津国多田(兵庫県川西市)の地において数百人の郎等を従えて武士団を形成していたという『今昔物語集』の話は有名ではあるが,実際とは大きな隔たりがある。後世の武士団の姿の投影であろう。川西市の多田神社に祭られている。<参考文献>朧谷寿『清和源氏』

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのみつなか【源満仲】

?‐997(長徳3)
平安中期の武将。源経基の長子。摂津源氏の祖。藤原摂関家に接近し,摂関政治確立の端緒となった969年(安和2)の安和(あんな)の変をしくんだといわれる。この変で平将門追討に功のあった藤原秀郷(ひでさと)の子千晴が連座し,摂関家と結んだ満仲は武人としての地位を確立するに至った。986年(寛和2)の花山天皇出家事件では満仲が警固に当たったといわれ,994年(正暦5)の大規模な盗賊追捕(ついぶ)でも満仲とその一族が中心になっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのみつなか【源満仲】

?~997) 平安中期の武将。経基の子、頼光・頼信の父。鎮守府将軍。安和あんなの変で、源氏発展のきっかけをつかんだ。摂津多田荘に住み多くの郎等を養い、多田源氏を称したので多田満仲ただのまんじゆうともいう。摂津源氏の祖。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源満仲
みなもとのみつなか
(912―997)

平安中期の武将。多田(ただ)満仲と称す。経基(つねもと)の長男。武蔵(むさし)、摂津などの国守を歴任し左馬頭(さまのかみ)、鎮守府(ちんじゅふ)将軍となる。969年(安和2)に起きた安和(あんな)の変では、陰謀を右大臣の藤原師尹(もろただ)に密告して源高明(たかあきら)や藤原千晴(ちはる)らを陥れ、自らはその賞として正五位下に叙せられた。また986年(寛和2)に起きた藤原兼家(かねいえ)・道兼(みちかね)父子らによる花山(かざん)天皇出家事件では、山科(やましな)の元慶寺(がんぎょうじ)までの道々を郎等を従えて邪魔が入らぬよう警固にあたった。この一例からも知られるように満仲は摂関家と強く結び付くことで勢力を養った。一条(いちじょう)天皇時代には、武士として認められる存在であった。彼の率いる武士団については『今昔(こんじゃく)物語集』に描写されているが、そこには12世紀中ごろの武士団が投影されている。摂津守(かみ)を契機に摂津国多田(ただ)(兵庫県川西(かわにし)市)の地に居住して多田源氏を称し、多田院を創立して一族郎等を住まわせ、摂津源氏の基を築いた。出家して満慶(まんけい)と号し、多田新発意(しんぽちい)とも称した。現在の川西市にある多田神社は宗廟(そうびょう)としてあがめられている。[朧谷 寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の源満仲の言及

【川西[市]】より

…旧多田村は多田源氏発祥の地で,多田神社(現在の建物は江戸初期に再建)をはじめ源氏ゆかりの史跡が多い。多田銀山も源満仲が開発したと伝えられ,江戸中期まで銀,銅を産出した。住宅都市としては1910年箕面有馬電気鉄道(現,阪急宝塚線)の開通に始まり,当初は高級住宅地として発展した。…

【清和源氏】より

…こうして各地に清和源氏の一族が繁衍(はんえん)して,やがて桓武平氏とならび称される有力武家の一族となったが,後世とくに〈武人の家〉として名を成し,また初めて武家の政権を樹立するに至るのは,河内源氏の系統の一族である。なお源満仲は969年(安和2)の安和の変において藤原氏のために暗躍して左大臣源高明(たかあきら)を失脚させたことがあり,以後,頼光・頼信らも藤原摂関家に臣従してその爪牙(そうが)となり,深い結びつきを続けたことも見逃せない。 源頼信は1028年(長元1)に始まった平忠常の乱に際し,甲斐守としてその追伐を命ぜられ,ほとんど戦わずに忠常を降伏させ,一躍その武名を関東に高めた。…

【摂津源氏】より

…貞純親王流清和源氏の嫡流。《尊卑分脈》によれば,貞純親王の皇子源経基に満仲・満政ら数子があり,その満仲が摂津守となり,摂津国多田地方に本拠をおいて豪族的武士としての在地支配を開いた。満仲のあとは嫡子頼光が継承し,その子孫が摂津源氏を称するに至る。頼光は藤原摂関家とくに兼家・道長に臣従し,〈都の武者〉としてその武名を高めたが,その武的活動は都の治安維持の範囲を出ず,むしろ受領を歴任して巨富を蓄えた。頼光の子頼国・頼家は中級貴族として京都に生活し,頼国の子頼弘・頼資・頼実らも検非違使あるいは蔵人として京都で活躍した。…

【多田院】より

…現在多田神社。970年(天禄1)摂津守源満仲の創建で,その子息天台僧源賢を開山とする。本尊は丈六釈迦仏で願主は満仲,そのほか文殊(もんじゆ)菩薩は頼光,普賢(ふげん)菩薩は頼親(大和源氏の祖),四天王は頼信(河内源氏の祖)と,それぞれ満仲の子息たちが願主となっている。…

【満仲】より

…作者不明。多田満仲(源満仲(みつなか))は子の美女御前(びじよごぜん)を中山寺(摂津国川辺郡)に登らせたが,早業,相撲,力業などのまねごとをし,乱暴ばかり働いて,いっこうに経典や学問に心を向けなかった。数年たって,満仲は藤原仲光という郎等を使いに立て,美女御前を呼び下ろして経文を読ませるが少しも読めない。…

※「源満仲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

源満仲の関連キーワード朱全忠オレーグ紀長谷雄レオ[6世]朱全忠オレーク新韓銀行オットー紀長谷雄五頭山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源満仲の関連情報