自分持(読み)じぶんもち

精選版 日本国語大辞典「自分持」の解説

じぶん‐もち【自分持】

〘名〙
① 自分の手で持つこと。
※歌舞伎・綴合於伝仮名書(高橋お伝)(1879)七幕「お伝つむぎ縞茶のふくさ帯にて、本縄に掛り自分持(ジブンモチ)にて出て来る」
② 自分で負担または支払いをすること。自費でまかなうこと。自弁自前
落語・弁天詣り(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「勿論月給が五十銭で湯銭髪結銭は自分持(モチ)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自分持」の解説

じぶん‐もち【自分持(ち)】

自分で支払いまたは負担をすること。自弁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる