自分持(読み)ジブンモチ

デジタル大辞泉 「自分持」の意味・読み・例文・類語

じぶん‐もち【自分持(ち)】

自分で支払いまたは負担をすること。自弁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「自分持」の意味・読み・例文・類語

じぶん‐もち【自分持】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 自分の手で持つこと。
    1. [初出の実例]「お伝つむぎ縞茶のふくさ帯にて、本縄に掛り自分持(ジブンモチ)にて出て来る」(出典歌舞伎綴合於伝仮名書高橋お伝)(1879)七幕)
  3. 自分で負担または支払いをすること。自費でまかなうこと。自弁。自前
    1. [初出の実例]「勿論月給が五十銭で湯銭髪結銭は自分持(モチ)で」(出典:落語・弁天詣り(1893)〈三代目三遊亭円遊〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android