自動車整備業(読み)じどうしゃせいびぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃせいびぎょう【自動車整備業】

自動車の診断,調整,修理,部品交換を行う事業。自動車整備の良・不良は事故,公害,燃料の浪費に直結するため,各整備工場に国家検定による一定資格の整備士と診断および作業用機器の保有が義務付けられ,道路運送車両法に基づく認証が必要であり,不正があれば取り消される。整備作業には,定期的に行う予防整備と不具合が発生したときの臨時整備とがあるが,予防整備のうち車検直前の車検整備が売上げの半分弱を占め,臨時整備は4割程度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車整備業の関連情報